ジブン手帳bizに使われていると聞いて… -Miopaper

sponsored link

2017年度には落ち着いたカラーリングになったジブン手帳Bizなるものが発売されるらしいときいて、、、その本文にはトモエリバー手帳用ではなく澪ペーパーが使われるときいて。。。

kokuyoのMioペーパー

miopaper16

コクヨのCampusノートはそれだけでも十分にコスパの高い紙なんですが、もうワンランク上にCHO-BOペーパーとMioペーパーという2種類の紙があります。来年のジブン手帳Bizというタイプに限ってスケジュールの本文はトモエリバーではなくこのうちのひとつのMioペーパーが利用されるとのこと。なんでちょっと手持ちのMioペーパーのノートに万年筆で書いてみました。

mioNureba

この紙はもともとのターゲットはゲルインクだったみたいなので同じ水性系の万年筆は相性がいいかもですね。キャップレスにいれて活躍中の濡羽色(京の音インク)。

mioYukimochi

CHO-BOペーパーは割としっかり厚みがあるのですがこのMioペーパーは割と薄め。紙の上をペン先がさらさら滑っていくような書き味です。

mioVerdigris01

細めのニブにいれたヴァーディグリスで書いても裏はほとんど裏抜けしない。ところどころ点でぬけたかな?ぬけてないかな?というくらいのレベル。

mioverdigris02

薄いだけに少し表に書いた文字が透けますがヴァーディグリスでこのくらいの抜け方なら別に問題ないかも。手帳想定なので細いペン先。太いペン先はわかりません。抜けるかも。

miotsukiyo01

こちらもファンが多い色彩雫の「月夜」。パイロット特有の沈み込む感じがあまりないかも。こちらも細ニブだからか?

miotsukiyo02

裏抜けなっしんぐー。

今回使ったノートは現在は販売中止になっているっぽくてもう買えないので書き味試したい場合は普通の横罫のCampusノート(MioPaper)を買ってみてください。そんなに高いノートではない….と思う。。。ノートに関しては金銭感覚崩壊してるから実際はたかいのか?

sponsored link

コメント

  1. 細字好き より:

    以前リクエストした万年筆で書いてくださりありがとうございます☺️
    やっぱり素敵な字ですね!
    また更新楽しみにしています!

    • sora より:

      細字好きさん
      コメントありがとうございます。
      字を褒められるって嬉しいです。マイペースに続けていくつもりなのでまた遊びに来てください:)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です