どことなく儚さを感じる色 -四季彩「山鳥」

sponsored link

第一印象は「儚い」。素敵な色です。


四季彩山鳥

四季彩インク「山鳥」 -セーラー

2010年に限定発売された色織々から要望が多かった色を四季彩シリーズとして新たに発売とのこと。現行ジェントルインクの一部が廃盤になることを考えても今回定番化ですかね。言われてみれば数ヶ月前にntさんアンケートとられてた記憶が。。。

前は四季折々→色織々、今回は色彩→四季彩。

その中の「山鳥」を購入したのでご紹介。

しろx山鳥

太いのは綿棒で。細いのはサファリのEFにつけペンです。ノートはシロ(大和出版印刷株式会社)。どことなく儚げな色です。濃いエメラルドグリーン。シロは「CIRO」だろーがorz

パッケージと色比較

パッケージに貼られている色表記のシール、さすがよく再現されているなー。CIROだろーが。

シロアップ

文字アップ。濃淡結構でるかんじです。

ツバメノートx山鳥

こちらはツバメノート。ダイアミンのTEALやペリカンのターコイズと。どれもまた違った色味ですね。全部好き。

MDノートクリームx山鳥

MDノートに。どのインクもそうですが、MDノートはインクをあまり吸収しないのか線が細くなる傾向がある。ツバメノートも。裏抜けとインクのしみ込みは表裏一体でしょうからね。

MDアップ

MDノートのアップ。個人的には太字よりは細字で書きたいインク。ノートびっしり埋めてもうるさくなさそうです。

バンクペーパーx山鳥

カキモリさんのバンクペーパーに。バンクペーパーは濃淡でにくい紙だと思います。

インク色

普段使いにしようかなーと画策中です。細字に入れたい。1000円(税抜き)の価格も財布に優しいです。インクの中では安めなだけにその分数を買ってしまいそうですけれども。。。←数色買いたいヒト。

はぴすたさんがこのシリーズ、Togetterにまとめてくれてます。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です