kakuno極細化改造計画

sponsored link

せっかくのカクノ、とにかくノートに書くのが楽しいのよん:D


カクノ青と黄緑

なかなか店頭で見つけられなかった(※福岡では)パイロットの新作万年筆カクノをやっと購入しました。青(M)と黄緑(F)。

にっこりペン先

いろんなところでレビューされてますがもういちど。にっこりマーク 🙂

Mで書いてみた

国産はやっぱり海外メーカーの同じ太さのニブより筆記線は細いです。このカクノはコクーンと同じペン先(さんざん既出)。ほんとに書きやすいです。スムーズにノートの上をペン先が走ります。個人的にはサファリよりも書きやすいと思う。ほんとに1000円か?ってくらい。←金銭感覚くるってる。万年筆脳になってる。。

ペン習字ペン

このカクノをサファリやペリカーノジュニアを持ち歩いている人が多いように、手帳のお供に使いたい人もいるはず。だからEFニブもあったら良かったんですが、残念ながらカクノはFとMのみ。だったらちょっとお金かかるけど改造しましょうかってことでこれ。ペン習字ペン。パイロットの500円のペン習字練習用のやつです。これのペン先はEFなんだ。

ペン先似ている

ペン先ひっこぬく。カクノとペン習字ペン分解してみました。よく似てる。気持ちペン習字ペンの方が細いかなーって気がするけど(わずかに)。これでにこいちしましょーよ。

正しい位置に

ポイントは軸の三角形の頂点にニブ側のくぼみをしっかりあわせること。三角軸なので正しい位置でつけないと持ちにくくなります。

カクノEF :D

これでおしまい。カクノEFのできあがりです。にっこりまーくないけどねーーーーー。

MとFとEF

MとFとEF(M、Fはカクノ。EFはペン習字ペンのペン先)で書いてみました。EFはほんとに細いですよ。この細さは国産万年筆ならではです。海外メーカーでこの細さはなかなかないと思う。英語圏は漢字もないもんね。ってかカクノほんとに書き心地いいなー。Fでも結構滑らか書き味。

アップ

アップ。細いです。ただ、この辺は入れるインクや書く紙なんかでけっこう状況は変わってくるとは思いますけれども。

細いEF

EFまでなるとさすがにカリカリ書いてる感じがします。ちょっと引っ掻くような書き味です。金ペンだとどうなんだろう。金ペンのEFはもってないしな。でもこの細さならちいさめの手帳でも問題なくいけそうです。

3500円出せばペン先M,F,EFの3種類そろえて手帳と持ち歩けるってことですねー。にっこりマークないけど。。。。インク漏れがないかしばらく使ってみようと思います。なにも問題ないようならたくさん色展開あるからオレンジあたりをもう一本買おうかなー:D念のため、、改造は自己責任で。

それにしても今回なんか写真いまいちですね。ノイズだらけだなー。。。いつもか。。

sponsored link

コメント

  1. Yu より:

    cocoonも極細化できるのでしょうか。。。
    最近買ったcocoonのFが少し太く感じてしまいまして。。。

    • sora より:

      Yuさん
      コメントありがとうございます。
      cocoonはどうなんでしょうね。。。
      今洗浄途中なので終わったらみてみます。EFもだしてくれるといいんですけどねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です