伊勢型紙 x 北欧デザイン -katagami

sponsored link

ノートラッシュですねー:D 北欧系のテキスタイルデザインって今、トレンドなんですかねー。


Katagami

Katagami -THE WORLD MISTER’S NOTE

ミドリのワールドマイスターズプロダクト第4段はスウェーデンから。和柄のような、北欧っぽいようなテキスタイルデザインの表紙のノートです。伊勢型紙×北欧デザイン。伊勢型紙をもとに北欧のBRITA SWEDENがアレンジしたデザインです。

伊勢型紙とは

伊勢型紙は友禅や小紋、浴衣など、着物の型染めに用いられてきた型紙のこと。約1000年の歴史をもつ三重県伊勢地方の伝統工芸品。ランタンや扇子なんかにも使われる。

今回のノートはこの伊勢型紙を北欧のデザインユニットの「BRITA SWEDEN」が独自の感性と色使いでアレンジしたもの。そのせいか和柄のような北欧デザインのような不思議な柄です。ちなみに今回購入したノートの表紙は「木立に流星」という伊勢型紙が原型で、おおらかな大地に育まれたさまざまな木々と合間に流れる星の群れを可憐かつ力強く表現。

BRITA SWEDENとは

スウェーデンのテキスタイルデザイナー。北欧ならではの楽しい色使いを得意とし、スウェーデン北部の大自然や動物からのインスピレーションを大事にしている。

デザインパターン

今回のノートは全部で3柄のデザインがあります。ダイヤ、木立、藤柄です。

ノート仕様

罫線は横罫

ノートはB6サイズとA6スリムサイズの2種類で、どちらも160ページ。中紙は横罫です。右上に日付が書き込めるようにピリオドが2つうってあります。

木立

表紙の紙はマット調ですが表面はすべすべ。もっと紙クロスみたいな風合いかなって思ってたのでこれは少し意外でした。

背

背表紙は少し丸みがかったつくり。

バンドつき

ゴムバンドがついています。これで持ち運びでバッグとかにいれても中で変に開いて中紙が折れ曲がったりすることは防げる。

しおりつき

地味に便利なしおりつき

ひらき

糸かがり綴じの開き自体は良好なんですが、SANTINAの時と同じようにすこし背表紙の固さが開きやすさを邪魔している感はある。

試し書き

月夜入りのKAKUNOのMニブで試し書き。MDペーパーは少し独特の書き味。インクが染みていく感じがない。何回もいってるけど、この書き味は個人的には好きです。

裏抜け具合

書いた裏側。安定のMDペーパー。裏抜けはない。うっすら透けて見えるくらいです。

なんかここのところノートばっかりですね。そろそろ新しい万年筆欲しくなってきたなー。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です