建築家のデザイン過程をみる -Inspiration and Process in Architecture

sponsored link

国際的に活躍する建築家のデザインの創り方って興味あります。。


Inspiration And Process In Architecture

Inspirarion and Process in Architecture -Moleskine

国際的に活躍する建築家のデザイン過程を考察する研究論文シリーズ。4種類。人物紹介、インタビュー、イメージで構成されています。建築の創作過程と、ハンドライティングドローイングの本質と威力をかいま見ることができる。

1.Giancarlo De Carlo (ジャンカルロ・デ・カルロ)

ジャンカルロ・デ・カルロ

イタリアの都市計画に大きな功績を残した人物。

2.Alberto Kalach (アルベルト・カラッチ)

アルベルト・カラッチ

メキシコの街づくりをリードする建築家。

Zaha Hadid (ザハ・ハディド)

ザハ・ハディド

超近未来的建築をリードし、2012年ロンドンオリンピックの水泳競技会場も担当している人物。

Bolles + Wilson (ボールス & ウィルソン)

ボールスとウィルソン

1990年に大阪で開催された「国際花と緑の博覧会(Expo’90)に科学博物館パビリオンを出展した2人組。

製本

素材

今年の製本はクロス地。フォントの世界では有名な18世紀のタイポグラファーのGiambattista Bodoni(ジャンバッティスタ・ボドニ)が初めて採用したクラシカルな製本方法に影響を受けています。
※下は参考までに、Bodoniフォント

bodoni

フォントもう少し知りたいってかたはこのへん参考になるかも

□ □ □

それぞれ数量限定で各100冊らしいです。すぐなくなりそう。。。ちなみに中身は英文みたいです。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です