最近はあまり見かけないけど好きな人 -CDT

sponsored link

結構好きなんですけど最近めっきり店頭で見かけなくなりましたね。。。


CDT

CDT -クラフトデザインテクノロジー

参加メーカー

数年前まではFrancFrancなど、インテリア雑貨店でもよく見かけたクラフトデザインテクノロジーのプロダクト、私はけっこう好きなんですが店頭で販売しているところがだんだん減ってきていますねー。結婚式の引き出物なんかのギフトではまだ見かけるんですが。

CDT自身の方向性なのか、導入店舗の方向性なのかはわかりませんが結構好きなのでさみしいです。

メーカーがあつまってモノづくりをする

たくさんのメーカーがあつまって共同でモノづくり。素敵だと思うしスケール大きい。それぞれの得意分野がいかせるのでいいモノができると思います。

コンセプト

CDTはモノ作りを通じて快適な空間の創造を提案する企業として、またブランドとして発足いたしました。
ブランドとしての最初のステージを「働く空間」に定め、鉛筆一本からのモノ作りを通じて、近い将来”美しく働く空間”を創造することがこのステージにおける目標です。

かっこいいとおもう

cdt-note

全体的にデザインは好きです。オフィス向けにクールだけど、こだわってるかんじが好き。まだ出始めのころ(何年前だろう。。。)、私はとくにこのノートのデザインに一目惚れして最初はノートとクリアファイルを買いました。

CDTとamadana

同じ頃に流行った?amadanaの計算機とCDTのノートとプラマンっぽい使い捨て万年筆持って商談にいってたなあ…(遠い目)ノートの幾何学模様は”真田紐”の折り目をモチーフにグラフィック化したもの。お侍さんが刀の柄の部分に使用した模様です。

中紙

ノートの中紙は竹尾ペーパー製かな。すべすべしていい紙っぽい。

アマダナカリキュレーター

ちなみにノートはもう使い切ってしまいましたが(2冊)amadanaの計算機はまだ現役です(7、8年くらいか)。ボタンの数字部分も全然消えてない。何万回おしたかわからないけど。。。。

新商品みたい

ほんとに最近全然見かけなくなったけど、まだプロジェクトは続いているみたいなのでがんばってほしいですね。昨年黒いはさみが発売されたように新商品も見たいし。机とかつくったら見てみたいなあ。ちなみに周りとかウェブ上とかいろんなとこみてたらどうもいちばん評価が高いのは朱肉っぽい。さすがに買ってないなあ。。。こんど見かけたら買ってみようかな。

ステーショナリーが変わる
デスクトップが美しくなる

これが1人2人と増えたとき、きっとオフィス空間が変わると信じています。

うん、いい言葉。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です