[NOTE GIPSY]ノートジプシー病が発症しました

sponsored link

定期的に発症する不治の病なんです。

1〜2年に1回必ずかかる

notegipsy

私はMOLESKINEを普段愛用しています。ポケットサイズを買ったりラージサイズを買ったり、サイズは買う時の気分によるんですが、普段思ったことや考えたことを書くようにしています。筆記自体はほとんど机の上です。仕事でもプライベートでもほとんど持ち歩いています。

だいたい3〜4ヶ月くらいで1冊書ききるんですが、数冊書き終えるとどうも他のノートに浮気したくなるんです。他にもっと自分にあうノートがあるんじゃないかって。。。

ポストMOLESKINEを探す旅の無限ループ

順を追うとこうなります。

  1. ちょっとMOLESKINEに飽きてくる
  2. 新しく出たノートなんかを試したくなってくる ← イマココ
  3. いろんなノートを試す
  4. ノートを変える
  5. しばらくたって、売り場のMOLESKINEが気になりだす
  6. 久しぶりに買ってみるかーって買ってしまう
  7. MOLESKINEに戻す、もしくは違うノートを1冊使って次にMOLESKINEまた使い始める
  8. 1に戻る

っていう無限ループに陥っています。

まあ、結局MOLESKINEに戻るっていうことは紙の質が落ちたと言われているとはいえ、MOLESKINEが私自身の理想に近いノートだっていうことなんでしょうけどねー:-)

まあ、かかったもんは仕方がないので思う存分ノートを試したいと思います。んで、せっかくブログも書いてることだし、それをレビュー記事にしていけたらなあと思っています。

ノートに求める条件

必須項目

  • 万年筆で裏抜け、にじみが少ない(今はちょっと落ち着いたけど、一時期のMOLESKINEはひどかった。。)
  • ノートが開きやすい(糸かがり綴じでパタンと開くことがベスト)
  • サイズはA5,A6,B6あたりのサイズ
  • どうせなら見た目も好みがいい
  • 方眼か横罫

できれば満たしていてほしいこと

  • 表紙が固い厚手のもの
  • バンドなどがついてたらなおよし
  • 紙は白よりクリーム色がいい

このあたりですかねー。

□ □ □

前回発症のとき使ってみたノートも結局また買うんでしょうが、このダイアリージプシーの最中のダブル発症はちょっと財布にも厳しいなー。。。っていいながら、ちょっとわくわくもしてるんですけど。。。

ツバメノートや測量野帳くらいのコストパフォーマンス高いものから価格のちょっと高いものまで、気の済むまで(財布が許してくれるまで)楽しもうと思います。試したノートは結局なにかしらで全部つかいきります。お友達にあげたりもします。

それでは

記事にしたNOTE GIPSYシリーズ

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です