最初に買う万年筆どれがいい?と聞かれたときにおすすめしたい万年筆(価格帯別)

sponsored link

個人的にファースト万年筆におすすめしたいリストです。

最近ちょくちょく聞かれるので…

「万年筆最初に買うなら何がいい?」おしゃれなモデルやポップなモデルが増えてきたこともあってか最近ちょくちょく聞かれることが増えてきたので記事にしてみました。万年筆に関してそんなに詳しいわけではないですけど、普段使いしてる変わり者は周りにはあまりいませんからね〜(^^;)

予算2000円くらいまで

カクノ -PILOT

P-KAKUNO

この価格帯は女性に多いイメージ。テレビとかネットとかで見て興味をもったっぽい感じ。かわいい色のインクをたくさん使いたいってひととか。そんな時はカクノをおすすめしてます。パステルカラーのモデルもあるし女性も持ちやすそうだし。なによりこの価格帯にしては書き心地がとてもいいと思う。個人的にはMニブがおすすめ。

極細使いたいって方はペン習字ペンを。カクノとニコイチでニブ取り替えることも可能です。

M-FP

にっこりまーくやデザインにちょっと抵抗があるってかたはもう少し安い無印良品の万年筆もおすすめ。カクノにくらべて少し個体差ありますがそんなにはずれは引かないと思います。

予算2000円〜5000円くらいまで

これくらいの予算ってひとがいちばん多いかなー。文房具に特に興味がないひとは5000円の筆記具なんかまず買わないだろうし、これ以上は金額的に結構な冒険になると思うので。鉄ペンもこの価格帯には選択肢が割とたくさんあるのはそのあたりの層のエントリーモデル的な位置づけでしょうか。

デザインで選ぶならサファリ、書き味で選ぶならコクーン

だと私は思います。実は私もサファリが最初に買った万年筆です。かっこいいなーって思ってイエローサファリ(まだ黒クリップだったころ)買ったのが最初です。ローラーボールとセットで買おうと思ってたら間違えて万年筆2本レジに持って行ったのは内緒。あとで交換してもらったけど。。恥ずかしかった。。

サファリ -LAMY

l-safari

デザインから入るならサファリ。ポップでデザイン性高いですよね。男性も女性も持ちやすいし色展開も多い、とどめに1年ごとに限定カラーもでる。自分の好みの色がある可能性は高いと思います。EFがいいと思います。ただ、FなのにMより太かったり結構個体差激しかったりする。ネットで買う場合はあたりをお祈りください。コレクターは血が騒ぐモデル。

コクーン -PILOT

p-coc

ここいらの価格帯までは鉄ペンメインなのですが、書き味を求めるなら迷わずコクーンを推したいところ。金ペンに匹敵する書き味だと思います。カクノとかと共通ニブなんですけどね。なんでだろーなー。ちょうどいまは限定のマーブルカラーもでてるので買い時かも??手帳とかにも書きたいってかたはサファリのEFよりはこっちのFニブの方が筆記線が細い可能性高いです。線の太さは(国産メーカー)=(海外メーカー)-1って考えとけばいいと思う(海外メーカーのFは国産メーカーのMくらい)。

予算5000円〜15000円くらいまで

p-p-s-3

本当は最初から金ペンを購入することが個人的にはおすすめです。ただ、やっぱり文房具に10000円ってそれなりの金額なのでね〜。勧めづらいというのが本音でもあります。私は万年筆始めるなら国産3メーカーの10000円クラスを試し書きして好きな書き味のものを購入するっていうのがいちばんいいと思っています。

カスタム74 -PILOT

p-custom74

センチュリー #3776 -PLATINUM

p-century

プロフィットスタンダードかプロフェッショナルギアスリム -Sailor

S-PROGEAR

ある程度万年筆使ってる方でも満足する書き味です。このクラスの国産メーカーものは本当にコストパフォーマンス高いと思います。ただ、3社で結構書き味が違うので試し書きして自分の好みの書き味のメーカーのものを購入したらいいと思います。簡単に私の感想をいうとパイロットは柔らかい書き味、プラチナとセーラーはかための書き味でセーラーは少し筆記角度がシビアな気がします。プラチナはニブ大きめ。多少抑揚をつけた文字を書きたい場合はパイロットやプラチナには細軟(SF)や中細軟(SFM)、中軟(SM)の選択肢もある(プラチナは細軟(SF)のみ)。細い線が書きたい人はプラチナに超極細があります。変わったニブがいいならセーラーのズーム(ZM)やミュージック(MS)なんてのもある。

予算20000円前後

カスタム742かカスタム912 -PILOT

p-custom742

私はこの価格帯は是非カスタム742かカスタムヘリテイジ912をおすすめしたいです。とくにSFMニブ。私は個人的にはカスタム742のSFMがいちばん書き心地がいい。743よりもスーベレーンM800よりもこっちのほうが好きです。ぬらぬら味わえると思います。

それに加えてパイロットの場合はこの価格帯から選べる変態ニブの種類がぐっと増えるのでじっくり試して自分にあったニブを選んでくださいませ。抑揚をつけた字を書きたいならFA(フォルカン)、ぬらぬらかきたいならWA(ウェーバリー)、カリグラフィーもどきのSU(スタブ)、超極細字を書きたいならPO(ポスティング)などなど。742か912は金が好きか銀が好きかで決めてもいいんじゃないでしょうかね。いつかPOつかってみたいです。まだもってないけど。

カスタム742(上) カスタム74(下)

カスタム742(上)
カスタム74(下)

予算3万円〜

ここいら以上の価格帯は完全に経験不足です。すみません。数本しか持ってないし。でもこのあたりからはコスト的には書き味がぐっとよくなるというよりは装飾などの割合も増えていくと思います。これくらい予算だせばモンブランやペリカン、ウォーターマン、アウロラなどなど、デザインと書き味両方が自分好みのものが見つかる可能性も高いと思います。一般的にはなにが有名なんだろうか。149とか146かな、スーベレーンM1000やM800?カレンとか?国産もこのクラスは外れなさそう。個人的には次買うのはセーラーのKOPがいいかなー。

金額が金額だし、可能ならば実店舗で試し書きしてから買って欲しいところ。

番外編

キャップレス・キャップレスデシモ -PILOT

p-capless

机でどっしりかまえて使うんじゃなくて手軽に持ち運びたいって人や手帳のお供にって人はキャップレスかキャップレスデシモがおすすめ。その名の通りノック式の万年筆です。わたしも1本ずつ手帳用で持ち歩いています。ノック機構が思いのほか便利で重宝してます。機構ばかりでなく書き味も本物ですよ。

キャップレスとキャップレスデシモは重さや太さが持った感じ結構違うので試し書きしたほうがいいかもしれません。太くて重いほうがいいひとはキャップレス、細くて軽いほうがいいならデシモかな。どちらかというとデシモのほうが人気でしょうか。仕事であまり万年筆ってさとられたくないひとにもおすすめ。ただ、目立たないだけに「ちょっと貸してっ」「がりっ」があるかもしれません。お気をつけて。

まとめ

いかがでしたか。ぼんやりと何買うか決められたでしょうか。こうしてみるとパイロットが多いですね。私の書き方はパイロットのニブがあうってことでしょうか。確かに本数もパイロットがいちばん多いもんな。先ほども触れたように私は最初の1本は1万円クラスの金ペンがいいと思います。ただ、筆圧が強い方はニブを曲げてしまうこともあるってのを聞いたことがあるので筆圧強いひとは鉄ペンから徐々にいったほうがいいのかな??

もし1本目かって満足された方はご注意を。

1.もう1本欲しくなる

2.今度はインクがたくさん欲しくなる

3.さらに今度はインクが抜けない紙のノートが欲しくなる

4.1に戻る

の無限ループに陥る可能性があります。沼といいます。

sponsored link

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です