左は方眼、右は横罫。意外と捗るかも? -GRNote

sponsored link

Gは”graph”のG。Rは”Ruled”のRです。GRノートブック。

GRNotebook

Graph Ruled NOTEBOOK -UNITED BEES

GRノートブックは左は方眼、右は横罫のちょっと変わったノートです。

表紙に大きく表示してある数字は5から8まであってそれぞれ方眼、横罫のサイズの表記になっています。5は5mm方眼+5mm横罫。8は8mm方眼+8mm横罫。5mmの横罫って意外と少ないですよね。

方眼+横罫

中のフォーマットはこんなかんじ。方眼と横罫の幅は共通です。横のラインは方眼と横罫つながってる。LIFEのデュエットノートみたいなかんじか。ちなみにライフのほうは方眼5mmの横罫7mm。

万年筆

ミッドナイトブルー(モンブラン・古典)で書いてみました。万年筆ではちょっときびしそう。。

うらぬけがー

裏抜けあり。古典で抜けるからほかのもけっこうぬけるかもな。コレトとかのボールペンでは大丈夫でした(ブルーブラック)。

用途

ただこのフォーマット、結構いろいろな用途につかえそうなんですよね。実験ノートみたいに左に資料貼って右に注釈かいたり、デザイン案かいたり、部屋のレイアウト考えてみたり。横罫の方もうっすら裏の方眼が透けてきれいにかけます。

方眼と横罫を同時に使う。書き手の想像力を刺激する、考えるためのノート。

だそうです。使いこなせたら便利そうですね。

sponsored link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です